Skip to content

沖縄のシュノーケリング

沖縄は、他の都道府県よりも、年間を通して暖かいので、冬でもマリンスポーツを楽しむことができます。特に、梅雨明けをした、5月の後半から、9月くらいまでは、海水浴を楽しむことができます。3月や4月も泳ぐことは出来ますが、少し肌寒いので、水着で泳ぐのは少し早いです。しかし、3月や4月は、旅行代金が、夏に比べて安いので、旅行をするのはオススメです。天気のいい日には、半そでや、タンクトップで過ごすことができます。水着で泳ぐのには少し寒くても、ウエットスーツを着れば問題なく泳ぐことができます。浅瀬でもとても海が綺麗なのでシュノーケリングを楽しんでみるといいです。綺麗なシュノーケリングスポットに行きたいのであれば、ツアーに参加をするといいです。ツアーはインターネットなどから予約することができます。必要なものはほとんどレンタルできます。

沖縄でシュノーケリングを楽しむ

夏になると、マリンスポーツを始める人が増えてきます。サーフィンや、スキューバダイビングなど、いろいろあります。日本の中でも、特に海が綺麗な沖縄は、毎年多くの人がマリンスポーツを楽しみに旅行を計画しています。沖縄には、たくさんのダイビングショップがあるので、ウエットスーツなどを気軽にレンタルすることができます。子供連れで旅行する人は、なかなかダイビングまでは挑戦できないので、親子でシュノーケリングを楽しむ人もいます。シュノーケリングは、4歳くらいからできるので、小さな子供がいても、一緒に楽しめます。浅瀬でも海の透明度が高いので、たくさんの魚を見ることができます。ツアーに参加をすれば、水中カメラで撮影してもらえたりします。インターネットからツアーに予約をすると割引になることもあるので、旅行に行く前に調べてみましょう。

沖縄でシュノーケリングは安全第一、慎重な行動を

沖縄の海は日本本土の海の色に比べて非常にキレイですから、それ目当ての観光をする人もたくさん増えてます。そのため海水浴だけでなくスキューバダイビング、そしてシュノーケリングで海を楽しむ人も増えてます。しかしここ最近ではそのシュノーケリングによるアクシデントが増えていて命を落とす人も増えてます。その背景にはそれを安易に考える人が増えているためです。まずはそれは呼吸用のパイプをくわえて水の中に潜りますが、水が逆流してしまって呼吸困難になったり多量に飲んでしまったりなどして命を落とすパターンです。それから地理的気象的判断に不慣れで沖合に流されるなどして命を落とすパターンです。それから単独遊泳のため周囲に助ける人などがいないとかなどのそのアクシデントの一例となります。ゆえにこれらの原因によるアクシデントで命を落とさないためには、少なくても初心者はスキューバダイビングと同様にライフジャケットを着用の上で、シュノーケリングを開催しているスタッフのいるクラブに申し込むなどしてスタッフと同行の上で実行するなどの対応が必要となります。